PAGE
TOP
 

本格越前打刃物鍛冶工房いわい人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

オフィシャルサイト

20 view 刺身包丁包丁 刺身 包丁 研ぎ方
刺身 包丁 研ぎ方

サクで売られている刺身は、良い包丁で切ることでより美味しく食べることができます。刺身包丁、もしくは柳刃包丁と呼ばれるものが最適なので、揃えておくと良いでしょう。他の包丁との違いは、刃渡りが20センチ程度と長めで、なおかつ薄く作られていることです。このおかげでお魚を一方向へ引き切ることができ、美しい切り口に仕上げられます。とは言え手入れを怠ると切り口も悪くなるので、正しい研ぎ方を覚えておくことも大切です。

刺身包丁の研ぎ方は、刃の部分を洗剤を使って洗うところから始めます。余計な脂分や臭いが砥石にこびりつくのを防ぐ効果があります。持ち手にも臭いが付着しやすいので合わせて洗っておきましょう。次に十分に濡らした砥石の上で、包丁を45度の状態にして研いでいきます。ここで重要なのは、ぶれないよう3本の指でしっかり握ることです。さらにしのぎと呼ばれる部分を崩さないよう意識すると上手に研ぐことができます。

切り口が重要になる刺身包丁だけに、その良さを引き出すには研ぎ方を習得してこまめにケアすることが大事です。ただし刺身をいただく直前に研ぎ始めると、金属臭がお魚に移ってしまうため注意してください。これを防ぐためにも、使い終えた後のタイミングで研ぐようにすると良いでしょう。なお、老舗の包丁専門通販サイトなら、素材や形状にこだわって作られた刺身包丁が売られています。切れ味もよく長く愛用できるのでおすすめです。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

オフィシャルサイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読