PAGE
TOP
 

本格越前打刃物鍛冶工房いわい人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

オフィシャルサイト

14 view 使い方刺身包丁 刺身 包丁 使い方

三徳包丁や牛刀とは異なり、細長いフォルムが特徴の刺身包丁。せっかく刺身包丁を持っていても使い方を知らないままでは、本来の切れ味を発揮できません。お魚を着る時は刺身包丁を使っているけれど、いまいち薄くきれいに切ることができないという方は、使い方が間違っているかもしれません。刺身包丁の使い方を今一度確認し、調理の際に気をつけてみましょう。

まず、刺身包丁は「一方向へ」「引き切り」をする包丁です。三徳包丁で野菜やお肉を切るときのように、前後に動かして切るとうまく切ることができません。柵は、刃元を食材にあて、手前に引くようにして切ります。ワンアクションで一片のお刺身を切り出すため、一般的な包丁よりも刃が長くなっています。ただ、使い方がわかっていても技術や経験が必要となるのが刺身包丁です。

プロ仕様の刺身包丁ほど刃が長く、刺身包丁を初めて使う方がいきなり三十センチもある物を選んでもうまく切ることはできません。正しい使い方を知った上で、刺身包丁に慣れていきましょう。用途が限られていることもあり、スーパーなどではあまり見かけない包丁ですが、包丁専門店なら様々な刺身包丁を取り扱っています。老舗店の通販を利用すれば、品質も安心です。自宅にいながら老舗店の包丁を選んで購入できる、便利な通販。長く使える一本を手に入れてみませんか。