PAGE
TOP
 

本格越前打刃物鍛冶工房いわい人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

オフィシャルサイト

5 view ステンレス寿命 ステンレス 包丁 寿命
ステンレス 包丁 寿命

一般的に包丁の素材は鋼とステンレスが主流になっています。昔は、包丁といえば鋼と言った考えの人が多い傾向がありましたが、最近では手入れがしやすいという事もあって、ステンレス製の包丁を好んで購入する人が多いようです。実際錆びにくく、素人でも手軽に手入れする事ができるステンレス製の包丁。ではそんなステンレス製の包丁の寿命はどの程度となっているのでしょうか。

包丁の寿命を感じる時期は、一体どのような時が多いのでしょうか。多くの場合、包丁の切れ味が悪くなった時に包丁の寿命が来たと感じる人が多いようです。しかしそれは大きな間違いで包丁の場合、研ぐ事で切れ味を回復させる事が可能です。その為切れ味が悪くなっただけで、包丁の寿命が来たという考えは間違った考えだと言えるのです。それは、ステンレス製の包丁においても同じことです。

ステンレス製の包丁の場合も、研ぐ事で切れ味を回復させる事が可能です。ただしステンレス製の包丁の場合、硬い材質により研ぎにくいという事が欠点となります。ならば鋼の包丁の方が良いのかというと、鋼の包丁の場合、頻繁に研ぐ必要があり、しかも錆びやすいため手入れが面倒に感じる事も少なくありません。そういった事を考えるとステンレス製の包丁の方がメンテナンスがしやすく、寿命も刃が細くなてしまうまで使えるでしょう。そんなステンレス製の包丁は包丁専門店の通販で購入してみてはいかがでしょうか。